2009年11月14日

REW10 WORKS

REW10 WORKSのBLOGより


ライフスタイルに深く絡んでる自転車っていいですよね。

やはり重要なのはライフスタイルだと思うのです。



各々が自分に合わせた自転車に乗る。

自分で自分に合うものを選ぶ。

素晴らしいことです。



自転車に興味を持つ人が増え、いろんなスタイルがあることでしょう。

日常の足に使う人、モノ運ぶ人、トリックして遊ぶ人。

多種多様な楽しさがあるのは良いことです。




高級な自転車の良さとして、レースでの性能が良いというのが先行されがちなところもありますが、街中で乗る人にとっては別の性能が重要だと思ってます。

まずカッコよさ、丈夫さ、しなやかさ、その人らしさなどなど。

街中で必要とされる性能は、レースで必要とされる剛性や軽量などの性能と別ものと考えてます。

ストリートでの性能を高次元に発揮するのは鉄だと思ってます。

幅広い加工性、普段着に合うルックス、コスト、永く乗れる、修理しやすさなどもあり、そうなるとやはり鉄が最高です。



レースなどでの性能を考えると、鉄の時代などとっくに終わってます。

最新鋭の素材に比べ、剛性もでないし、重量もかさむ。

カーボンバイクなどにレース性能では正直敵うとは思いませんし、そこで勝負しようとは微塵も思いません。

しかし、ストリートならいろんな意味で勝てる最先端で最高な素材だと思ってます。



ジーパンに似合いますよ、クロモリは。

ハイテクなスニーカーはそりゃ軽いけど、古い形のスニーカーやワークブーツを履く様な感じ。

街中だと十分な履き心地。

鉄もこれに似たようなものだと思います。

サドルでいえば革サドルをつけるようなものでしょうか鉄って。

ローテクもののかっこ良さ、素材感。

さりげない鉄のルックスは永く付き合えます。



共感です。

あの独創性は決して真似できませんが、その考えは是非見習いたいと思います。
posted by よっしゃん at 15:43| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。